スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東沿岸、2日未明から強風警戒…気象庁(読売新聞)

 東シナ海から日本海に伸びる前線が本州付近を南下する影響で、関東地方の沿岸部や海上、伊豆諸島で2日未明から昼過ぎにかけ、20メートル以上の強風が予想され、気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、予想される最大風速は、関東地方の海上で25メートル、関東南部と茨城県の陸上で20メートル、伊豆諸島で23メートルを見込んでいる。

 海上も大しけとなり、波の高さは千葉県の太平洋側で6メートル、茨城県や伊豆諸島で5メートル、東京湾で2・5―3メートルを見込んでいる。

3等海佐、酒気帯び運転の疑いで逮捕…否認(読売新聞)
<法勝寺>八角九重塔 時を超え広がるロマン /京都(毎日新聞)
救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検(産経新聞)
元厚生次官ら連続殺傷 小泉被告、最後まで被害者を冒涜(産経新聞)
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化-警察庁(時事通信)

NOx26%削減も=自動車課金制度導入で-環境省検討会(時事通信)

 首都圏などの交通渋滞解消などを目的に都市部に流入する自動車などから一定料金を徴収するロードプライシング制度導入を検討している環境省有識者検討会の報告書案が23日、明らかになった。料金徴収で交通量を抑制することで、車から排出される窒素酸化物(NOx)を26.2%、二酸化炭素(CO2)を11.9%、それぞれ2020年時点で削減できると試算。その上で、制度導入の具体案を示している。
 試算によると、一定区域内の走行車両を対象に、その排ガス性能に応じて1台当たり年間9000~7万5000円を課金した場合、区域内の走行量が4.2%減少。これにより、年間でNOxを15.2%、CO2を6.4%、それぞれ削減できるという。また、料金収入を財源にエコカー普及といった環境対策を充実させることにより、さらにNOx10.9%、CO25.5%の削減が可能だという。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
オリックス自動車、荒川区の公用EVでカーシェア
京都のベンチャーがEV量産へ=来春にも年1000台で
風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情

首相「数日のずれ、大きな話でない」 普天間政府案の月内とりまとめ(産経新聞)
【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)
<服飾>「日本ファッション・ウィーク」閉幕…東京(毎日新聞)
火災警報器設置忘れていませんか? 電池交換や点検簡単…単独型が人気(産経新聞)
<雑記帳>豚料理ナンバーワン…前橋で「T-1グランプリ」(毎日新聞)

スニーカーの穴から携帯カメラで盗撮、会社員逮捕(産経新聞)

 スニーカーの先端に穴を開け取り付けたカメラ付き携帯電話で、女性のスカートの中を撮影したとして、千葉県警千葉西署は22日、県迷惑防止条例(盗撮)違反の現行犯で、同県八街市吉倉の会社員、八屋(はちや)亨容疑者(37)を逮捕した。八屋容疑者は容疑を認めている。

 同署によると、八屋容疑者は同日午後2時20分ごろ、千葉市美浜区ひび野のコンビニエンスストアで、商品を見ていたアルバイトの女性(16)=同県船橋市=のスカート内を、動画撮影モードにしたカメラ付き携帯電話で撮影した。

 盗撮に気づいた男性店員が、同店事務室にいた県警木更津署員に知らせ、店外に逃げた八屋容疑者を同署員が取り押さえた。

 同署の調べによると、靴の先端には穴(縦約2・5センチ、横約1・5センチ)が開けられ、八屋容疑者は穴に携帯電話のカメラ部分をあわせ、スニーカーに隠していたとみられる。左足のスニーカー先端にも同様の穴が開けられており、同署が詳しく捜査している。

【関連記事】
盗撮の高検検事を懲戒処分 名古屋区検
トイレ盗撮容疑で熊本県職員逮捕
名古屋高検検事を盗撮容疑で書類送検 愛知県警
ホームステイ先で就寝中の女性の手を1時間握る 大阪府職員を停職
スカート内を盗撮、神奈川県警巡査を逮捕
20年後、日本はありますか?

「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
大洋薬品高山工場に9日間の業務停止命令―岐阜県(医療介護CBニュース)
新規2型糖尿病治療薬に併用効能を追加申請―武田薬品(医療介護CBニュース)
<仙谷国家戦略相>日本免許ない外国人医師受け入れに前向き(毎日新聞)

死刑ゼロ 首相の意向無視を認めた法相(産経新聞)

 千葉景子法相は19日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が過去に、死刑執行をしない法相は資格がないと発言していることについて、「そういう発言があったことは覚えている。念頭に置きつつ、適切に対応をとっていきたい」と述べた。千葉氏は就任以降、半年以上たった現在まで死刑執行命令書に署名していない。

 首相の意向を事実上、無視している形だが、千葉氏は「首相から(死刑執行について)何か指示をいただいたり、内閣としての大きな考え方が示されたりしていない」と強調。「個別具体的に、どういう時期にどういう形でやることが適切なのか、いろいろある」と言葉を濁した。

 首相は民主党幹事長時代の平成18年7月の講演で、「本来、法相は時期が来れば死刑執行しなければ資格はない。死刑を国民の多くが求めている時代だ」と発言している。 

【関連記事】
【日本の議論】殺人の時効廃止に賛否
法制審議会が「時効廃止」を法相に答申 今夏にも成立
民主党政権下で指揮権発動はあるのか? 
亀井金融相が会長の「死刑廃止議連」 法相に在任中執行停止求める
死刑執行「慎重に考える」千葉法相見解改めて示す
20年後、日本はありますか?

子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 政治行為? 首相「調査必要」(産経新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 学習院大学名誉教授 篠沢秀夫さん(76)(産経新聞)
城下町の個人宅70軒がひな人形を公開=兵庫県たつの市〔地域〕(時事通信)
「謝罪あり納得、感無量」=笑顔で会見-菅家さん・足利事件(時事通信)
衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)(産経新聞)

施設所有会社役員を起訴へ=大成建設社員も-渋谷の温泉爆発・東京地検(時事通信)

 2007年6月、東京都渋谷区の温泉施設「シエスパ」で8人が死傷した爆発事故で、東京地検は24日までに、業務上過失致死傷罪で、施設を所有していた「ユニマット不動産」(港区)の保守管理担当取締役(47)と、施工した大手ゼネコン「大成建設」(新宿区)の設計担当社員(51)の2人を、近く在宅起訴する方針を固めたもようだ。
 同地検は、安全対策を怠った両社側の過失が競合したことが、事故につながったと判断したとみられる。26日にも遺族らに処分内容を説明する。
 送検容疑によると、大成建設の設計担当社員は、結露による水を排出せずに温泉水のくみ上げを続けた場合、配管が詰まる危険性があったのに、説明書などで水抜きの必要性などを十分に説明しなかった疑い。
 ユニマット不動産の取締役は、設備内容を十分把握し、万一に備えてメタンガス検知器を設置するなどの業務上の注意義務を怠った疑いが持たれている。
 警視庁が08年12月、3人を同容疑で書類送検していた。ユニマット社の保守管理担当社員(42)については、不起訴処分とする見通し。 

小林千代美議員「責任の取り方様々ある」(読売新聞)
ネットで女性バンド恐喝未遂=「すべての骨折る」と書き込み-容疑で男逮捕・警視庁(時事通信)
「関西一の女相場師」に懲役2年8月の実刑判決 大阪地裁(産経新聞)
<トキ>富山から福井へ 飛来地で最南西(毎日新聞)
<殺人容疑>2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。